製品 Products

RoboCar MiniVan 公道実験支援パッケージ

概要・特徴

本パッケージは自動運転技術を活用し、お客様の実証実験をご支援します。
実験用車両には市販車ハイブリッドミニバンをベースとした自動運転技術開発プラットフォームRoboCar® MiniVanを使用。
周囲をセンシングするレーザスキャナ、単眼カメラ、ステレオカメラRoboVision®、車両の位置や挙動を計測するGPSや慣性センサ、取得したセンサデータを統合し自動運転を行う人工知能が搭載された車載コンピュータIZAC®を構築・搭載しております。
2014年から開始した公道実証実験の実績・ノウハウが集約されておりますので、技術アドバイスや実施計画の運用サポート、走行時のドライバやサポートカー走行などご要望に応じてサポートいたします。
活用シーン例としては、過疎地域でのモビリティサービス提供に向けたサービスの有効性確認を目的とした実証実験や、応用サービス分野まで、公道での自動運転の実験でご要望いただく様々なシーンに幅広く適用できます。

お台場の自動運転実験で搭載している自動運転機能の例

・前車追従機能
・周辺物体検出(周辺車両、歩行者)
・レーンキープ
・レーンチェンジ
・信号認識(矢印信号含む)
・交差点右左折走行
・路駐車両回避
・登録ルート走行
※上記はお台場環境での実現例であり、ご要望エリアで全て実現可能であることを保証するものではありません。

パッケージのご利用シーン例

•ADAS・自動運転向けセンサー開発における公道での実験・評価
•自治体などのモビリティサービス導入を目的とした有効性の実証実験


関連製品

市販ハイブリッドミニバンをベースにした自動運転車開発プラットフォーム車両RoboCar MiniVanはこちらでご確認いただけます。

仕様

・ 自動運転車開発プラットフォーム RoboCar MiniVan (自動運転走行に必要なセンサを含む)
・ 自動運転コンピュータ IZAC (基本ライセンス料 + 制御コンポーネントオプション、走行テスト費用を含む)
・ 高精度マップ
・ 実証実験の計画と実験シナリオの立案支援
・ 実験シナリオ実現にむけたソフトウェアカスタマイズ
・ 対象地域の行政・警察機関への届出に関する支援
・ 実験実施に関するエンジニアリングサポート
・ 実験実施に関するオペレーションサポート(現地調整役、実験実施用ドライバー、サポートカーなど)

価格

実験例:
約5kmの公道コースで自動運転サービスの実証実験支援(車両・機材、ソフトウェアは購入、実証実験の期間は1週間程度の場合)
価格例:8,000万円(税別)~
※目的や規模に応じてご提案を致します。詳しくは、当社までお問い合わせ下さい。
 価格を抑えた実験車両のレンタル対応や、短期間の実証実験実施サポートも可能ですのでご相談ください。

動画

Autonomous Driving demonstration experiment in April 2018
Location:Public roads in ODAIBA,Tokyo
Copyright control by ZMP Inc.

製品のお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

電話でのお問い合わせの場合は、03-5844-6210(プラットフォーム事業部直通)までご連絡いただきますようお願いいたします。

(受付時間 月~金 9:00~18:00)

TOPへ
03-5844-6210