事例紹介 Cases

RoboCar® 1/10X  高等学校STEAM教育に採用
‐ 兵庫県モデル校2校にて導入、カリキュラム開発をサポート ‐ 

Society 5.0時代において、国内外で活躍できる「未来を創造する力」を備えたリーダーを育成するため、社会を担う想像力の基礎を育成する文理分断を脱却した新しい学び(STEAM教育※)の本格実施に向け、兵庫県教育委員会にて「STEAM教育実践モデル校事業」を令和2年度~令和4年度の期間で、カリキュラム開発を実施されています。

その中、自動運転/AI技術開発用ロボットカーRoboCar 1/10Xが、兵庫県立高等学校2校に導入され「兵庫型STEAM教育」のカリキュラム開発に活用されています。
兵庫県STEAM教育ロゴ
※Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり)、Art(芸術・リベラルアーツ)、Mathematics(数学)の5つの単語を組み合わせた造語。2000年代に米国で始まった教育モデルであり、STEMという理数教育にAの創造性を加えた教育概念

兵庫県STEAMのモデル校となる、県立豊岡高等学校、県立加古川東高等学校にてRoboCar1/10Xが導入されました。各高等学校にて実施されているSTEAM教育カリキュラムの講座の一つとして高等学校の生徒の方々にご活用いただいています。各校において、生徒によるチームが生成され、それぞれ自動運転分野における実施テーマを決め、学生の発表に向け準備を進められております。
豊岡高等学校 授業風景
加古川東高等学校 授業風景

自動運転開発プラットフォームRoboCar 1/10について


Roboar1/10シリーズの最新版バージョンの「RoboCar 1/10X」。NVIDIA Jetson Xavier開発キットを採用し、ロボット用オープンソースソフトウェアROS(Robot Operating System)に対応した実車1/10スケールのロボットカーで、昨年の販売開始以来、自動運転・AI技術の開発や研修・教育用途で自動車/部品メーカー、大学等の研究教育機関にて導入いただいております。自動車の1/10スケールの車両に、単眼カメラ、前後にLiDAR、加速度・ジャイロセンサー、エンコーダを搭載し、各種センサー情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。これらを用いて自由にアプリケーションを開発することができるオープンハードウェアです。

【価格】

RoboCar 1/10X:通常価格 180万円(税別)/ アカデミック価格 144万円(税別)
(ソフトウェア開発環境(SDK)付属)
※レンタル価格 :15万円(税別)/月 <期間1ヶ月から対応>

RoboCar 1/10X MATLABコネクション2021:20万円(税別)
※上記価格にMATLAB/Simulinkのライセンス費用は含まれません。
オプションURL:https://www.zmp.co.jp/products/robocar/robocar-110X/support/matlab

製品のお問い合わせ・情報はこちら