製品・サービス Products

台車型ロボCarriRo 自動牽引離脱アタッチメント

「自動牽引離脱アタッチメント」機能紹介動画 

「自動牽引離脱アタッチメント」の機能や活用方法について下記の動画にてご紹介しています。

自律移動モデル CarriRo AD(エーディー)、AD+(エーディープラス)について

CarriRoAD+(重量版)
自動牽引離脱アタッチメント搭載
CarriRo® AD(エーディー) は台車型ロボットCarriRo®(キャリロ)に自律移動機能を追加したモデルです。また、CarriRo® AD+(プラス) はCarriRo®(キャリロ)AD(自律移動モデル)の重量版モデルとなります。

CarriRo® ADは最大積載150kg又は牽引300kgに対応し、 CarriRo® AD+(プラス)では最大積載200kgかつ牽引600kgが可能となります。

CarriRo® ADとAD+は共に、床面に設置したマーカーを読み取ることで自律走行を行い、エレベーターや設備との連携や、呼び出し・搬送指示が遠隔で行えます。

CarriRo AD、AD+については下記ボタンよりご確認下さい。

「自動牽引離脱アタッチメント」について

「自動牽引離脱アタッチメント」は、これまでCarriRoはワンタッチ式の手動でのカゴ台車やスリムカートに対して着脱して牽引するアタッチメントの機能をさらに拡張し、より省人化の効果を高めるためにCarriRoが発進後に特定の地点にて牽引を自動で切り離す機能を搭載したオプションです。

自動牽引離脱アタッチメントを活用した搬送イメージ
自動牽引離脱後のイメージ

「自動牽引離脱アタッチメント」の利用イメージ

CarriRoでの自動離脱アクションの利用方法は以下ような流れで活用いただけます。

 ①ご利用前に自動離脱ポイントに可変ランドマークという位置を表示するマーカーを貼り、CarriRo®ピッピ(専用タブレットアプリケーション)にて当該可変ランドマークにて自動離脱アクションを設定します。
 ②牽引させる台車をアタッチメントに接触させた状態で、付属のボタンで連結部をリフトアップさせます。
 ③CarriRoを発進させます。
 ④CarriRoは事前に設定された地点に到着すると、自動で連結部がリフトダウンされ、牽引を切り離します。その後次のアクションに自動で移ります。
 ⑤600㎏牽引対応タイプでは、飲料などの重い荷物を載せたスリムカートやカゴ台車を複数台連結して運べるようになります。

自動牽引離脱アタッチメントの用途としては以下が挙げられます。

​​​​​​​ ・ピッキング後にトラックの出荷バースまで搬送する際に、特定のバース位置にカゴ台車やスリムカートを切り離して配置させる
 ・工場での工程間の搬送時に、搬送先に受け手が常にいるとは限らない状況で、CarriRoの稼働を止めずに搬送を行う
 ・エレベーターなどの垂直搬送を人手で行う場合に、エレベーターなどの前に台車を集積させる

自動牽引離脱アタッチメントを活用した搬送

「自動牽引離脱アタッチメント」ご導入プラン

25万円(税抜)

※重量版600㎏牽引可能になっても価格は変わりません

※「自動牽引離脱アタッチメント」はCarriRo® AD(外部連携モデル)、CarriRo®AD+(外部連携モデル)への対応となります。
なお本アタッチメントで適用可能な台車は特定のサイズの汎用的なカゴ台車やスリムカートを想定しておりますが、その他台車で連結部をカスタマイズすることで牽引可能な場合もございますので、お問い合わせください。

実機確認&デモのご案内

CarriRoイノベーションセンターとして東京都枝川にショールームを開始しており、同センターにおいて今回ご紹介しました新機能の実機デモや営業相談を随時実施しております。

導入に際しましては、製品説明・デモンストレーションなど対応いたしますのでぜひ、お気軽にお問い合わせください
導入説明会の様子(デモ中)
導入説明会の様子(スライド説明)

導入説明・実機デモについてのお問い合わせ

アクセス

   〒135-0051 東京都江東区枝川3丁目11-10   月島倉庫 (4F)
    JR京葉線・武蔵野線 「潮見駅」より、徒歩約6分

アクセスマップ

TOPへ