製品・サービス Products

物流無人化ソリューション|GTP(棚搬送型)ソリューション

-EC・通販系のピッキング・入出庫搬送に、既存設備でも導入しやすい低コストな省人化を実現-

CarriRoは、専用パレット台車への自動潜り込み・切り離し機能を活用することにより、GTP(棚搬送型)ロボットとしての運用が可能です。
CarriRoの高い柔軟性や低コストの特徴を活かしつつ、既存設備でも導入しやすいGTPソリューションについてご紹介いたします。
CarriRoシリーズを活用したGTPソリューションイメージ

GTPソリューションの背景

昨今、コロナ禍の巣ごもり需要に端を発するECや通販市場の急速な進展により物流ニーズが高まっています。当該業種における倉庫内業務においては、特に商品の入出荷・ピッキング業務において、従来の手作業による搬送では、作業者の業務負荷や人手不足などの課題があります。
その解決策として、GTP(棚搬送型)がありますが、占有スペースの特殊設計や高額なシステム導入費用、またピッキング業務の省人化は出来ても入出荷の搬送は人手で行う必要がある、などの課題は残るため、CarriRoの特徴である『導入のしやすさ』と『入出荷の自動化』を活かしたGTP(棚搬送型)ソリューションを発表しました。

CarriRoシリーズの特徴・メリット

①ランドマークやSLAM機能などの自律移動の方法を組み合わせ、場所を選ばず汎用的に活用できるため既存設備でも導入しやすい
②ROBO-HIや無人フォークリフトなども段階的に後付けで導入できるため、予算に見合った拡張的な活用が可能

CarriRoを活用した新たなGTPソリューション

<一般的なEC・通販系物流倉庫での搬送業務>

【入荷】
パレットで入荷し、フォークリフト又はハンドリフトで搬送、保管エリアに格納。
 ↓
【ピッキング】
六輪カート又はカゴ台車を用いて作業者が巡回しながら商品をピッキング。
 ↓
【出荷】
商品が積まれたスリムカート又はカゴ台車を出荷検品場まで作業者が搬送し、梱包後出荷バースの所定の位置に置き、トラックに積み込む。

<CarriRoシリーズを活用した運用>

【入荷】
パレット搬送においては、無人フォークリフトCarriRo Fork又はAGV/AMRタイプのCarriRoで自動搬送。
【ピッキング】
CarriRo AD+(パレット積載タイプ)の専用パレット台車に棚を増設。
クラウド制御システムROBO-HI®(ロボハイ®)を使うことにより自動制御で保管エリアのCarriRoを所定の専用棚へ潜り込ませ、ピッキングエリアへ呼び出し、ピッキング後は所定の位置に専用棚を戻し、切り離す。
【梱包・出荷】
ピッキングされた商品が積載された六輪カート又はカゴ台車は、CarriRoで牽引しバースまで自動搬送。その際に自動着脱機能を使用することで、連結のつけ外しも自動化でき、より高い省人化が可能。

製品のお問い合わせについて

ご質問やお見積りに関しましては下記のフォームよりご連絡ください。
CarriRoでは導入をご検討のお客様へ製品説明・デモンストレーションなども行っています。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
導入説明会の様子(デモ中)
導入説明会の様子(スライド説明)

物流に貢献する CarriRoシリーズ製品

モノの移動を自由にするCarriRoシリーズ製品として、自律移動機能を搭載したCarriRo AD(エーディー)やパレット搬送にも対応したモデルCarriRo AD+(エーディー プラス)、また自動運転技術を活用した無人フォークリフトCarriRo Forkをラインナップ。
CarriRo(キャリロ)
CarriRoの全モデルやオプションやソリューションなどを紹介
CarriRo AD(エーディー)
ランドマークを活用した自律移動機能を搭載した最新モデル
CarriRo AD+(エーディープラス)
最大可搬重量800kgとこれまでの2倍以上の重量に対応する重量版モデル
無人フォークリフトCarriRo Fork
自動運転技術を活用した無人フォークリフト。CarriRo AD+と連携した自動化を実現
TOPへ