宅配ロボットCarriRo Delivery 品川港南エリアで 人とロボットの共生社会に向けた社会実装の実証実験に技術協力


宅配ロボットCarriRo Delivery 品川港南エリアで
人とロボットの共生社会に向けた社会実装の実証実験に技術協力
-オフィス街を自律走行し商品を目的地まで運搬。周囲とのコミュニケーションを実験-​​​​​​​



CarriRo Delivery


株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、宅配ロボットCarriRo Deliveryと、株式会社電通国際情報サービスのオープンイノベーションラボと東京大学暦本研究室が共同開発した遠隔コミュニケーションデバイス「TiCA(チカ)」を組み合わせ、オフィス街を自律走行する実証実験に参画、技術協力をいたします。実験は、3月20日(火)・22日(木)・23日(金)の 3 日間、品川港南エリアにおいて実施されます。

ZMPは、自動車の自動運転技術開発で培った自律移動技術を応用して物流のラストワンマイルの課題解消や、日々の買い物を手助けすることを目指し、「歩道を自動で移動する宅配ロボットCarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」を開発し、実証実験を進めています。CarriRo Deliveryは宅配ボックスを搭載し、カメラやレーザセンサで周囲環境を 360 度認識しながら最大時速 6km で自動走行し、荷物を目的地へ届けます。

本実証実験では、品川港南エリアの複数の複合施設やビルにまたがる約 350m のルートを、TiCA を装備した CarriRo Delivery が自律走行し、商品(カップコーヒー)を目的地まで届けます。想定外の事象により走行困難となった際は、TiCAを用いて遠隔から周囲とコミュニケーションをとり、トラブル回避を図ります。

実験概要


内容:宅配ロボットと遠隔コミュニケーションデバイスを用いた
   2 拠点間の物品配送時における IoA の実装検証
場所:品川インターシティ ~ 品川グランドコモンズ ~ 京王品川ビル間の通路
日時:2018 年 3 月 20 日(火)、22 日(木)、23 日(金)の各日 15:00~16:00 に走行
主催:株式会社電通国際情報サービス (デバイス共同開発:東京大学暦本研究室)
協力:新日鉄興和不動産株式会社、品川グランドコモンズ、京王電鉄株式会社
技術協力:株式会社ZMP、日本マイクロソフト株式会社

宅配ロボット「CarriRo Delivery」について

株式会社 ZMP が開発した CarriRo Delivery は、荷台部に宅配ボックスを搭載し、屋外を自動走行可能とした宅配ロボットです。周囲の環境を認識しながら歩道を走行し、荷物を目的地へ届けることを目指し、現在、実証実験用ロボットによる機能検証等を実施中です。
http://www.zmp.co.jp/products/carriro-delivery


プレスリリース記事

プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ