物流支援ロボットCarriRo® 工場での運搬業務効率化へ導入

-シール・ラベル製品加工のOSPアドバンス、カルガモ+カート牽引で省人化を目指す-

株式会社 ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下 ZMP)が販売する物流支援ロボットCarriRoが、OSPアドバンス株式会社において、工場での運搬作業効率改善による省人化を目指し導入されました。この度、弊社ウェブサイトにて事例を公開いたしましたので、お知らせいたします。

【CarriRo 導入事例紹介】OSPアドバンス株式会社
事例URL:https://www.zmp.co.jp/carriro/detail_osp


OSPアドバンス株式会社は、OSPグループの一員であり、シール・ラベル製品の最終加工を行う会社として1994年11月16日に設立。「”義”を重んじ、事業を通じて人として成長し、物心両面の豊かさを追求すると共に、顧客満足が得られる商品を加工し、社会に貢献する。」を基本理念として運営されています。

同社(栃木第二事業部)大矢 真澄様はビジネス課題として以下のようにコメントされています。「大阪、福岡、栃木と3事業所で展開していますが、どの事業所でも人員不足が課題となっています。人材確保&定着率向上と、作業の効率化・省人化・自動化を進める必要があり、課題解決方法を模索していました。」

他社製AGVも検討する中、「大型のAGVでは作業スペースを圧迫してしまい、むしろ作業効率の低下が考えられる。一定の台数以上を購入しないと効果がでにくい。レイアウト変更による作業ルート変更の際に柔軟な対応ができるようにしたい。」といった課題があり、これらの解決のためCarriRo導入を決められました。

同氏はCarriRo選定の理由として、「コストパフォーマンスに優れている」、「バージョンアップにて自律移動にも対応」、「安全面が優れている(エリアセンサー、4段階の速度調整機能)」、「作業用途に応じて様々なモードが選択可能」、「8時間の連続稼動が可能」といった点を挙げていらっしゃいます。

「CarriRoを導入してから約半年が経過しておりますが、全3箇所の作業現場において、CarriRo2台あたり2人の削減を目標に現在社内運用ルールや作業ルートを検討し、10月の本格稼動に向けて活用を検証しています。」と有効性の向上にまい進されています。

今後の展開については「運搬作業、仕上工程から物流工程への製品運搬等を予定しており、自律移動モデルの導入も視野に入れ検討しております。」と意欲的です。
​​​​​​​

【物流支援ロボットCarriRoⓇ】
CarriRoはジョイスティックによる操作ができるドライブモードおよびビーコン(発信機)を自動追従するカルガモモードを有した台車型物流支援ロボットで、2016年8月より販売を開始している製品です。CarriRoの機能を活用することで、運搬の生産性を最大約3倍まで引き上げることが可能です。倉庫や物流センター内のピッキング業務の効率化や、工場内の工程間搬送に利用することでベルトコンベアやAGV(無人搬送車)を代替することも可能です。また作業負荷が大きく軽減されることにより、これまで重労働と見られていた運搬作業を女性や高齢者でも行えるようになるため、働き手の拡充、雇用の促進にもお使い頂ける製品です。

【製品Web URL】https://www.zmp.co.jp/carriro/
【動画】https://youtu.be/aBSwF8SvfcU
【価格】CarriRo 2018年モデル(追従機能)5年リース 月額28,000円(税別) / 1台
            CarriRo 自律移動モデル 5年リース 月額52,000円(税別) / 1台

【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ