ZMP World 2019で7月25日記者発表 宅配ロボットCarriRo® Deli 商用プログラム発表!

- 進化したG2-2019モデル最新機能のデモも紹介 -


G2-2019のコミュニケーションエンジンの革新


パートナー企業向け商用プログラム

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)が2019年7月23日(火)から26日(金)まで開催するZMP World 2019にて、国内随一の宅配ロボットとして注目を集めるCarriRo® Deliの最新機能およびパートナー企業様向け商用プログラムを発表いたします。

ZMP World 2019第3日目では、パートナー講演として、韓国トップの宅配サービス企業であるWoowa Brothersが今春ZMPと共同でCarriRo® Deli G2-2018を利用して行った韓国初の屋外ロボット配送の実証実験概要とその結果、さらに今後目指すロボット配送サービスのビジョンを紹介いただきます。

記者発表においては、さらに進化したG2-2019モデルをご紹介します。

G2-2019では、IZAC® 自律移動エンジンの向上により、歩道走行における走行信頼性が向上いたします。また、コミュニケーションエンジンのさらなる革新として、視線を認識し目のコントロールを行うアイコンタクト機能のほか、人の声を認識し発話生成ができる新たな機能、ZTalk™ (ゼットーク)を発表し、デモンストレーションを実施いたします。

また、パートナー企業様向け商用プログラムとして、2021年に100台レベルの実用化、本格展開を目指すパートナー様向けの導入フロー、サービスメニュー、サービス価格を発表いたします。

なお、記者発表に先立つ関連講演として、上述のパートナー講演のほか、弊社代表谷口より東京藝術大学博士論文をもとに、テクノロジー思考とアート思考の融合というCarriRo® Deliの今につながる原点の発表、東京大学淺間教授による招待講演として、サービスロボットの社会普及に向けた鍵である人との相互作用について、社会実装を進める上での課題やそれを解決するために行われている取り組みの紹介がございます。


【記者発表】7月25日(木)15:00 ~ 15:30
宅配ロボットCarriRo® Deli 最新機能&パートナー企業様向け商用プログラムの発表
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒


【ZMP World 2019開催概要】

テーマ:『R&Dから量産化へ -ZMPが起こすロボリューション-』
開催日時:2019年7月23日(火)~26日(金)10:00~18:00
会場:ベルサール飯田橋ファースト (東京都文京区後楽2-6-1 住友不動産飯田橋ファーストタワー)
参加費:無料(懇親会は有料となります)
特設ページ:https://www.zmp.co.jp/products/zmpworld2019


【お申し込み方法】

以下の予約申し込みページよりお申込みをお願いします。
参加お申し込みページ:https://www.zmp.co.jp/products/zmpworld2019/yoyaku


【宅配ロボット「CarriRoⓇ Deli」について】

ZMPは、自動車の自動運転技術開発で培った自律移動技術を応用し、物流のラストワンマイルの課題解決や日々の買い物支援など、ロボットによる新たなライフスタイルの創造を目指して宅配ロボット「CarriRo® Deli」の開発を進めています。「CarriRo® Deli」は、カメラやレーザセンサで周囲環境を360度認識しながら最大時速6kmで自動走行します。また遠隔監視・遠隔操作も可能です。積載量は最大50kgに対応し、配送物や飲料など、多様な利用シーンや配送ニーズに対応していきます。
URL: https://www.zmp.co.jp/products/carriro-delivery


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。


こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ