最新MEMSソリッドステート型3D-LiDAR “RS-LiDAR-M1” 台数限定で試用販売を開始

-近距離広角”RS-Bpearl”、超高精細128レイヤー”RS-Ruby”も販売開始-


最新MEMSソリッドステート型3D-LiDAR RS-LiDAR-M1


近距離広角3D-LiDAR RS-Bpearl


128レイヤー3D-LiDAR RS-Ruby

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下ZMP)は、Robosense社(深圳市)が自動運転車両の量産化時代に向けて開発している最新MEMSソリッドステート型3D-LiDAR “RS-LiDAR-M1”を台数限定で車両関連メーカー様、研究機関様向けに試用販売を開始します。同時に、自動運転車両の死角をなくすための近距離広角3D-LiDAR “RS-Bpearl”および128レイヤー超高精細3D-LiDAR ”RS-Ruby”の販売を開始します。

ZMPでは、Robosense社のマルチレイヤ―型3D-LiDARをこれまで販売してまいりましたが、本格的な自動運転の時代にむけてさらに幅広く同社LiDAR製品の試用販売をいたします。

RS-LiDAR-M1は、2021年に車載グレードでの量産販売を目指すMEMSソリッドスステート LiDARです。測定距離200m、測定視野120度×20度の高精細LiDARで、回転式LiDARと比べて信頼性、低価格、量産化、車体への組込みの容易性に優れています。

RS-Bpearlは、超広角測定視野360度×90度、車両周辺の死角検知のために開発されたLiDARです。独特のデザインでコンパクトに車体に組込むことができます。

RS-Rubyは、128レイヤー、測定距離200mで、自動運転レベル4~5向けに開発された高精細なLiDARです。RS-LiDAR-32に比べて3倍の角度分解能(0.1度)を有し、測定距離も2~3倍向上しています。

RS-RubyとRS-Bpearlを組み合わせることによって、自動運転の環境認識に新たな境地を開くことができます。

【RoboSense(ロボセンス)社 3D-LiDARシリーズ 紹介ページ】
https://www.zmp.co.jp/products/rslidar

【製品仕様】

モデル
RS-LiDAR-M1
RS-Bpearl
RS-Ruby
タイプ
MEMS型
近距離広角型

360度超高精細

レイヤー数
-
32レイヤー

128レイヤー

波長

905nm
905nm
905nm
レーザークラス
クラス1
クラス1
クラス1
測定距離
200m
30m
200m

測定ポイント

1,780,000点
576,000点
2,304,000点
測定視野
120度×25度
360度×90度

360度×40度

消費電力
20W
13W
45W


【価格情報】
RS-LiDAR-M1     車両関連メーカー様向け:1,857,000円(税別)
                        研究機関/その他企業様向け:2,475,000円(税別)

RS-Bpearl          498,000円(税別)

RS-Ruby            7,425,000円(税別)
※価格は為替等の影響により予告なく変更となる場合があります。


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。


こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

自動運転ソリューション
適用サービス
自動運転・自律移動術を活用したカスタマイズサービス
自動運転用車両
RoboCar SUV
市販SUV車両をベース 自動運転車開発プラットフォーム
CarriRo
物流支援サービス
 CarriRo(キャリロ)
台車型ロボットを用いた自律移動、物流効率化を実現
宅配ロボット
 CarriRo Deli
宅配ロボットでラストワンマイルソリューションを提供

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ