自動運転/AI技術開発用ロボットカー RoboCarⓇ 1/10X ディープラーニングによるリアルタイム物体検出ツール提供開始

‐高性能GPU上でSSD(Single Shot MultiBox Detector)を活用し複数物体をリアルタイム検出‐


物体検出結果の例 (左:実験の様子、右:結果をバウンディングボックスで表示)


RoboCar 1/10X

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、本日、当社の自動運転/AI技術開発用ロボットカー RoboCar 1/10Xでディープラーニングによるリアルタイム物体検出が可能となるツールの提供を開始致しました。

RoboCar 1/10XはNVIDIAのGPU搭載エッジAIプラットフォームJetsonシリーズで最高性能を誇るNVIDIA Jetson Xavier開発者キットを採用した実車1/10スケールのロボットカーで、2020年12月の発売以来、自動運転・AI技術の開発や研修・教育用途で自動車/部品メーカー、大学等研究教育機関にてご利用いただいております。

この度、ソフトウェア開発環境(SDK)の最新版として、物体検出アルゴリズムの一つであるSSD(Single Shot MultiBox Detector)を活用した物体検出ツールの提供を開始しました。搭載されているNVIDIA Jetson Xavier 開発者キットの高い処理能力により、搭載されたカメラ映像に含まれる複数の物体をリアルタイムで検出しながら走行させることが可能です。ユーザーは、研究開発の目的に応じて、任意の対象物を学習させ、検出アルゴリズムの構築ができます。本ツールで前方車両を検出しRoboCar 1/10Xに搭載されているLiDARで距離を計測しACC(車間距離維持走行)や回避を行うなど、ADAS・自動運転技術の研究開発にご活用いただけます。

RoboCar 1/10Xは、ソフトウェア開発環境込みで通常価格180万円(税抜)、アカデミック価格144万円(税抜)にて販売を行っております。本ツールを含む、RoboCar 1/10Xのソフトウェア開発環境の最新版はRoboCar 1/10X本日より提供を開始いたします。

なお、すでにRoboCar 1/10Xをご利用の皆さまには、ソフトウェア開発環境のアップデート版を無償でご提供致します。

【自動運転/AI技術開発用ロボットカー RoboCar 1/10X】
製品ウェブサイト:https://www.zmp.co.jp/products/robocar/robocar-110x

RoboCar 1/10シリーズは自動車の1/10スケールの車両に、単眼カメラ、前後にLiDAR、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダを搭載しています。また、各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。これらを用いて自由にアプリケーションを開発することができるオープンハードウェアです。


【製品仕様】
※本製品仕様は予告なく変更の可能性があります。​​​​​​​

本体

本体側ソフトウェア


付属品
ジョイスティックコントローラ、制御用/駆動用バッテリー充電器


【製品価格】
RoboCar 1/10X:通常価格 180万円(税抜)/アカデミック価格 144万円(税抜)
(ソフトウェア開発環境(SDK)付属)


【プレスリリース記事】
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます

ラクロシェアリング 佃・月島エリアでサービス中です!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ