高解像度4K映像を含む首都高速走行データセット トライアル版販売開始

株式会社 ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、高解像度 4K カメラ映像を含む首都高 速道路走行時の計測データセットのトライアル版を販売開始いたします。



首都高速走行時のフロント4Kカメラ映像イメージ 
(上画像:合流時、下画像:トンネル走行時)

ZMPは公道走行データ取得ソリューション 「RoboTest®」の知見とノウハウをベースに、首都高全線の約327.2kmをZMP計測車両にて走行し、前後左右4カ所のカメラ、3D-LiDAR、GPS、IMU(慣性センサー)、車速や操舵角などの車両データを同期して取得したデータセットを販売しておりましたが、この度トライアル版として、ジャンクションでの合流やトンネル、カーブ等の走行シーンが含まれている首都高速4号新宿線(上り、下り)のデータセットを販売いたします。前方カメラ映像は4K(3840 x 2160)の高解像度データで、遠方の車両、標識、白線、道路構造物など豊富な情報が含まれます。高解像度化が進むADAS・自動運転向けAI・ディープラーニングアルゴリズムの開発や検証にご活用頂けます。また、前方4Kカメラに加え左右と後方はフルHDカメラを採用、128レイヤーの高精度3DLiDARデータと組み合わせ、車両全周囲を把握する情報が含まれます。データセットに含まれる車速・操舵角等のデータと組み合わせることにより、ADAS・自動運転アルゴリズムをシミュレーション上で検証する、といった用途にもご活用頂けます。

本トライアル版データセットの価格は、18万円(税別)で、2021年5月より販売を開始いたします。

【計測データの主な仕様】

【走行ルート情報】
首都高速4号新宿線(上り、下り 計 約27km、30分以上)

【製品ページ】
https://www.zmp.co.jp/products/robotest-solution/data-sales


【走行データ取得ソリューションRoboTest®について】


ZMPは、自社の自動運転技術開発とテストの経験を活かし、2012年より公道におけるドライバーによる走行時のデータ取得支援サービスを実施しております。走行に必要なドライバーの手配や管理を行うだけでなく、走行データ取得に必要なシステム(センサーシステムやロガー)の設計や構築などの上流工程、そして車両の手配と必要な設置・改造、および取得後のデータ処理まで一気通貫で実施することで、お客様の手間を大幅に削減できるサービスです。

<RoboTest®サービスの内容>
① 走行データ取得のコンサルティング
② データ計測システムの開発(ハードウェア、ソフトウェア) ※システムのみの提供も可
③ 各種センサー、電源装置の車両取付
④ ドライバーの募集と管理、データ取得の運用マネジメント
⑤ データ後処理(タグ付け、フォーマット変換等お客様要求仕様にあわせて)
⑥ 取得データの分析と報告
⑦ データ分析・解析アプリ(RoboDataPlatform)のご提供

RoboTestの詳細は、以下Webサイトをご覧ください。
https://www.zmp.co.jp/products/robotest


【価格】

首都高速走行データセット トライアル版:18万円(税抜)
首都高速走行データセット 全線一式:200万円(税抜)
※価格は現時点での価格です。今後予告なく変更となる場合があります。


【プレスリリース記事】

プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます

ZMP Worldでも紹介したラクロに乗れます!

こちらではZMPのサービス・製品をご紹介します!

無人サービスロボ
Life Robot Brothers
低速自動運転ロボを活用した事業開発やサービス提供
RoboCar
イノベーション
自動運転用車両や研究・開発向けセンサー&ツール販売
CarriRo
クリエーション
無人フォークや台車ロボを活用し物流無人化を実現
IZAC
レボリューション
ZMPが開発する自動運転ソフトであらゆる機械の自動化を実現

ZMPが描く自動運転で実現する未来 ~ZMP Vision~

自動運転で実現する未来

ZMPで一緒に働きませんか?

TOPへ