製品・サービス Products

データ解析・分析プラットフォームサービス
Robo Data Platform(ロボデータプラットフォーム)

ZMPは大容量の3D LiDARやカメラ映像データを用いた研究開発のDXを推進するデータ解析プラットフォーム「RoboDataPlatform」を提供いたします。
 ※RoboDataPlatformビジュアライズ画面イメージ

RDP(Robo Data Platform, ロボデータプラットフォーム)について

本サービスは、Webブラウザベースのアプリケーションであり、クラウドにデータをアップロードすることにより、すぐにデータ活用が可能となります。例えば、実験チームが走行データをアップロードし、すぐに遠隔地の開発チームがデータの内容を確認することができます。
また Python や MATLAB などのプログラムを本アプリケーション上で実行可能となっており、クラウド上でデータの分析・解析を実施して、その結果を評価者に確認・フィードバックをもらうなど、社内の DX 化を支えるツールとしてご活用いただけます。

RDP(ロボデータプラットフォーム)の特長

ADAS、自動運転開発において様々なデータを取得し、分析・解析や後処理作業を行うにあたり、膨大なデータの取り扱いが必要となり、走行データを計測する実験チーム、データ分析・解析を実施する開発チーム、分析後のデータを評価する評価チームなど、様々な方々がデータ分析・解析に携わりますが、それぞれが異なるツールを使用することにより、無駄な工数が発生するケースが多々ございます。
今回提供するRoboDataPlatformは、DX化を支えるツールとして、誰でもどこでも簡単に利用できるプラットフォームとしてご利用可能です。

RoboDataPlatformご活用イメージ

製品のお問い合わせ・情報はこちら

TOPへ